2021年02月06日

東川口駅前行政センター建設計画について   その1

〜市民の要望をほぼ無視した東川口駅前行政センター建設計画〜
〜18階建てのマンションの中に行政センターだけが、ちょっと入るだけ計画に・・・〜
 
 2020年9月29日に奥ノ木市長によって決裁された東川口駅前行政センターの建設計画は、これまで長年にわたり寄せられていた市民の要望をほぼ無視した計画となりました。この問題を12月市議会において取り上げましたので報告します。

 東川口駅前行政センターは、東川口駅周辺の戸塚地区のみならず、近隣の安行地区や神根地区といった本市北東部の市民からも多くの要望と期待が寄せられてきました。
 しかし、市長が決めた建設計画では、18階建て(地下2階分は駐車場)の建物を建設して、その建物の中の1階、2階は行政センターとする一方、3階から18階は分譲マンションとして売却してしまう計画となっており、18フロアの内16フロアとほとんどを分譲マンションとなってしまう計画です。
 このままでは、川口市(市民)の貴重な財産である市所有の東川口駅前の一等地を、切り売りすることになってしまいます。建設予定地は、東川口駅の南側ロータリーに面する駐輪場などとして利用されてきた場所です。

問題点1、地域住民の要望をほぼ無視
 
駅前行政センター建設時に併設してほしい公共公益施設として、長年にわたり地域の市民から寄せられてきた主な要望には以下のような項目がありました。
【市民からの要望が多かったのに建設計画に入らなった主な施設】
@ 公民館
A 子育て関連施設(保育園、託児所、子育て支援センターなど)
B 図書館
C スーパー、喫茶店などの商業施設
D 市民交流の場(展示スペース、ホールなど)など
現在の建設計画には、これらのどの施設も入っておらず、地域住民の要望をほぼ無視した形です。例えば公民館については、戸塚地区の人口急増のため、人口当たりの公民館数は市内10地区で一番少なく、予約が重なり使いたい時に使えないなど、新たな公民館が求められています。
 子育て関連施設についても、戸塚地区は市内10地区の中で最も住民の平均年齢が若く、子どもが多くいる地域であるため、増設が急務となっています。
 スーパーなどの商業施設については、戸塚地区の西側地域は東側地域に比べて大型スーパーが少なく、駅前にスーパーがあれば通勤客も含めて東川口の利便性向上が図れます。
 どれも必要な施設です。

〜市民の意見を広く聞かずに計画された〜

 東川口駅前行政センターは、本市北東部の行政拠点として非常に重要な意味を持つ施設ですし、多くの市民から要望も出されていたことを考えれば、地域の市民に広く要望を聞く場を設けるべきでした。しかし、行われたのは市民のほとんどが開催すら知らなった懇話会を3回開いただけです。しかも限られたごく少数の出席者からは、こんな計画で決められてしまうなんてと驚きの声が聞こえてくるありさまです。

〜なぜ市民の要望を無視したのか?〜

 なぜ要望のあった施設を併設しなかったのか、市の答弁は、建物が狭いからの1点でした。しかし、行政として使える床面積を18階中2階のみとする計画を誘導したのは市です。そして狭くしてしまった理由は、建設コストをかけたくないという財政的理由でした。
 財政が厳しいと言われて久しい現在、コスト意識を持つことはもちろん大切です。ただ限られた予算を、何に優先して使うかのメリハリが大事です。
川口市としても、これまで東川口駅前行政センターは、川口市の北の玄関口として、本市の重要な行政の拠点施設とするとしてきました。市北東部の重要な行政の拠点施設とするための必要な予算を投入すべきです。

東川口駅前行政センター建設計画について その2に続く
posted by 木岡たかし at 00:00| Comment(0) | 東川口駅前行政センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

川口市におけるオンライン授業の進捗状況

 2度目の緊急事態宣言が出されている中ですが、文科省の方針で全国の小・中学校は開講しております。一方で、新型コロナウィルスへの感染の不安から登校しない、出来ない子どもらが居ます。ご家庭内に基礎疾患を抱えた方や高齢者がいるご家庭で不安があるのは当然ですし、そうでなくてもご不安を感じるご家庭も少なからずいます。私も不安です。

 今後の感染状況によっては、学校の休講措置が取られることもあり得るとの想定をして、今から準備をしていくことは当然として、休講措置ではなくとも学校に通う選択を出来ないご家庭の子どもらにオンライン授業を提供できる体制を一日も早く整えるべきです。

今日は、川口市のオンライン授業の現状について、学校教育部から聞き取りをした内容を報告します。

 現在川口市では、オンライン授業は取り組めておりません。また、オンライン授業を実施するためのハード面での整備も整っていないのが現状です。現在は、国のGIGAスクール構想の下で、2020年末に市内全中学校に端末の配布が終わったところです。そして今まさに年度末の3月をめどにして、市内の全小学校への端末の配布を進めているところです。そして配布した端末を授業で活用するための研修がこれから始まる段階とのことです。

 使用する端末は、ダイナブックK50です。充電保管庫を各教室に設置して、基本的にはその保管庫内で管理する方向で検討しているとの事でした。原則校内保管で、休講措置の時のみ各家庭への持ち帰りを考えているとの事でした。

 児童・生徒に配布されるアカウントについては、各中学校にはすでにデータで送信済みで、小学校には今月中にアカウントデータを送るとの事でした。

 通信環境ですが、各学校1ギガバイトの通信容量とのことで、児童・生徒が多い学校でも理論上は、全員で同時に使ったとしても最低でも1人に1メガバイト相当は確保できる計画で進められています。今後の取り組みの中で、容量に不足が生じた場合に迅速に対応できるように市教委に働きかけたいと思います。

 仮に休校となった場合、児童・生徒が各家庭に端末を持ち帰り、オンライン授業をすることを想定しているとのことですが、ご家庭に通信環境がない場合は無料でルーターの貸し出しをすることになります。そのために来年度当初に1500台のルーターを準備するとの事でした。
そして大事な点が通信料への補助メニューです。準要保護世帯(就学援助を受けている世帯)は、無料のルーターを貸し出した上で、通信料を市が負担する方向です。一方で、生活保護世帯にはルーターは無料で貸し出しますが、通信料は扶助費に含まれているとして補助しないそうです。この点は改善が必要だと思います。また、生活保護も就学援助も受けていないご家庭で通信環境がない場合は、ルーターを無料で貸し出しますが通信費は各ご家庭の負担とする方向で検討が進められているとの事でした。

 冒頭の話に戻りますが、3学期の初日であり緊急事態宣言が再発令された2021年1月8日に、川口市内で新型コロナウィルスの感染不安により登校できていない児童生徒数は、225人にもなります。この子どもたちにも学校に通っている子と同等の授業が保障されるべきです。そのためには、学校に通う選択を出来ないご家庭の子どもらに双方向のオンライン授業を提供できる体制を一日も早く整えるべきです。
 例えば、子ども本人や家族が濃厚接触者となって場合など、学校に通えなくなります。そうした子どもたちにも必要な措置です。
 せっかく、すべての子どもに端末を配布するのですから、休講措置の時だけに限定せず端末を幅広く活用する仕組みを作るよう市に働きかけています。

 お気づきの点などありましたら、ぜひお聞かせください。
posted by 木岡たかし at 21:57| Comment(0) | 新型コロナウィルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

川口市における新型コロナウィルスワクチン接種に向けた動き 川口市内の医療従事者等は3月開始 一般の方は5月の方向

本日(1月19日)川口市保健部より新型コロナウィルスワクチンの接種に向けて、その予算の一部について専決処分をしたい旨の説明を受けました。

新型コロナウィルスのワクチン接種に向けて川口市でも準備が始まっていますが、国からの情報が少なすぎて現場は苦労しています。3月上旬から市内の「医療従事者等」へのワクチン接種が始まる予定ですが、接種対象者や順番、接種場所など不明なことだらけです。

3月末からは、65歳以上の方を対象にしたワクチン接種をスタートさせたいとのことですが、ここでも順番や接種場所、接種可能期間などの多くが未定のままです。3月末に接種を始めようとすれば、少なくとも3月上旬には案内が対象者に届かなければなりません。

さらに、4月中旬には基礎疾患のある方と高齢者施設の従事者への接種を開始する予定ですが、そもそも基礎疾患のある方の定義も定まっていません。基礎疾患のある方のデータを市は持っていませんので、対象となり得る方に自己申告してもらう形になるのかもしれません。

『高齢者施設の従事者』の範囲にも課題があります。例えば施設で働いている職員だけでは介護を必要としている高齢者などを守ることはできません。施設に出入りしている訪問介護に携わる職員なども対象にしなければならないはずです。ただ現段階では訪問介護などの職員を含むとの話は国から一切ありません。

上記に該当しない一般の方への接種開始について、現段階で政府が示しているのは5月には開始したいとのことです。

ワクチンの種類を選べるのかなど未定なことが山ほどありますから、市役所の担当部署はこれから大変な苦労をすることとなります。スムーズな接種ができるように知恵を絞らなければなりません。

ワクチンの接種費用について、当初国からは全額国負担との話がありましたが、ふたを開けてみると国負担に上限額があり、結局は基礎自治体である川口市が市税から一定額を負担することとなっています。右往左往している菅政権の新型コロナウィルス対策がここでも表れています。

菅政権の新型コロナ対策のほとんどが、「後手後手」で「中途半端な対策」ばかりです。そのため感染爆発が止められないだけではなく、経済が打撃を受ける事態となっています。経済は後から回復できますが、コロナで失われた命は回復できません。

最大の経済対策は、徹底的な感染予防です。感染が抑え込めれば、みんなが大手を振って旅行や買い物、食事などを楽しめるのですから!

今は新型コロナ対策を最優先にすべきです。事業者に休業や時短の要請をするなら、事業規模に応じたしっかりとした補償をセットにすべきです。基礎自治体の議員として必要な声をあげていきます!

posted by 木岡たかし at 19:56| Comment(0) | 新型コロナウィルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

立憲カフェin東川口へのご参加ありがとうございました!

昨日6月8日は、くまがい裕人参議院議員選挙予定候補者を迎えての立憲カフェin東川口を開催しました。
多くの方にご参加いただき、また活発な意見交換が出来ましたこと、感謝申しあげます。

中でも、金融庁が6月3日にまとめた人生100年時代に向けた『資産寿命』指針において、老後の蓄えが2000万円必要との報道にかかわる議論では、年金制度や70歳までの就労についてなど貴重なご意見をいただき感謝しております。

そもそも自民公明政権は、2004年の年金改悪の時に、『保険料を13年間(2017年度まで)引き上げ続ける代わりに100年安心の制度にします』と宣言していました。それが、保険料の引き上げが2017年度に終わった途端、人生100年時代に向けて、自助努力で2000万円用意しろと言わんばかりの報告書を出してくるなんて・・・。国民を馬鹿にしているのか!と思います。

自助努力は大事ではありますが、そんなもの既に多くの方々は努力されています。

だからこそ『年金100年安心』は、何であったのか、説明する必要があります。
やはり、当時から野党が主張していた最低保障年金制度の方が国民にとって良かったと言わざるを得ません。

当時の自公政権も、現在の安倍政権もそうですが、国の根幹にかかわる課題について、将来を見通した対策を打たずに、今だけ乗り切れれば良いといった小手先の対策が非常に目につきます。

時代が大きく変化しているいま、20年後30年後50年後を見据えた政策が求められています。
そしてその時に政治に求められる基本視点は、強者の論理ではなく、国民の日々の暮らしにこそあると考えております。
posted by 木岡たかし at 23:12| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

参議院議員選挙の埼玉選挙区予定候補である熊谷裕人さんを迎えての『立憲カフェin東川口』の開催が決定いたしました!

開催決定!

熊谷裕人 参院埼玉選挙区予定候補を迎えて『立憲カフェin東川口』開催決定!

4月の統一地方選挙におきましては、多くのご支援をいただき誠にありがとうございました。市民の皆さんの声に耳を傾けながら、地域の課題を一つ一つ解決していく決意です。
今年の夏には参議院議員選挙が行われます。また、衆議院議員選挙も同日に行うとの声も政治の世界ではささやかれています。そうした時だから、川口市の課題はもちろんのこと、国政についても皆さんと話し合えればと思っております。
今回は、立憲民主党の立党の精神である「草の根からの政治」「ボトムアップの政治」を体現する形として『立憲カフェ』と銘打って、一緒にお茶でも飲みながら皆さんと色々な話をしたいと思います。

日時:6月8日(土)午前10時〜
場所:戸塚公民館 講座室2号
参加予定者: 熊谷裕人 参議院議員選挙埼玉選挙区予定候補(前さいたま市議)
参加費:300円

参加の事前申し込みは不要ですが、参加いただける場合はご一報いただけると助かります。
メールアドレス:takashi@kioka.info

原発のこと!消費税のこと!年金のこと!働き方のこと!経済的中間層の崩壊のこと!
どんな内容でも結構です!一緒に考えていきましょう!

posted by 木岡たかし at 18:10| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4期目の当選を果たすことが出来ました!

4月21日に投開票されました川口市議会議員選挙におきまして、4779票もの多数の得票をいただき、58人が立候補する激戦の中、2位での当選を勝ち取ることが出来ました。
多くの皆さんに一つ一つ積み上げていただいた思いが、積みあがった結果だと感じております。
掲げた公約を実現するため、また、市民の皆さんの声に耳を傾けて、暮らしやすい川口市となるように引き続き尽力する決意です。
posted by 木岡たかし at 18:02| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

今日から川口市議会議員選挙が始まります。

おはようございます。
今日14日から、川口市議会議員選挙が始まります。
投票日は21日(日)、明日15日からは期日前投票も始まります。

わたし木岡の第一声は、東川口駅にて13:00〜行う予定です。
お時間の許す方は、是非お越し下さい。

木岡たかし
posted by 木岡たかし at 08:13| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

これから木岡の一般質問です。

このあと10時から、わたし木岡の一般質問です。
概ね1時間半程度の質問時間です。

お時間が許す方は、川口市議会のインターネット中継でご覧になれます。
どうぞよろしくお願い致します。
posted by 木岡たかし at 09:53| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

川口市議会3月定例会の一般質問が26日から始まります。わたし木岡も27日10時〜質問に立ちます。

2019年度の予算議案を審議している川口市議会3月定例会が開かれています。
今週は、26日から29日までの4日間が、市政にかかわるすべてに関して質問が出来る一般質問になります。

わたし木岡は、27日午前10時から質問に立ちます。
以下の内容の質問を予定しております。

1、 児童虐待から子どもたちを守れる行政に
(1) 児童虐待への現在の対応状況について
(2) 児童虐待にかかわる本市職員の人員配置について
(3) 児童虐待にかかわる本市職員の専門性について
(4) 本市職員が恫喝するような保護者と対峙する時に警察官や弁護士の同行を求めることについて
(5) 小中学校において児童虐待を疑うケースが発見された場合の対応について
(6) 児童虐待にかかわる本市の予算・体制強化を
2、 街中ベンチ計画について
3、 緊急通報システムの利用要件の緩和について
4、 小・中学校の英語教育の充実に向けて
5、 小・中学校の学校図書館の充実に向けて
(1) 学校図書館司書について
(2) 小・中学校の学校図書館の本を購入する予算の抜本的増額を
6、 小中学校における日本語の出来ない子どもたちへの支援体制強化を
7、 放課後児童クラブの改善を
(1) 放課後児童クラブのスペースついて
(2) 放課後児童クラブの人員配置について
8、 病児・病後児保育の充実を
(1) 病児・病後児保育が増えない理由について
(2) 病児・病後児保育の運営費等の補助メニューの充実を
9、 川口市立高等学校に福祉系学科を
10、 戸塚中学校の自転車通学について
11、 各避難所に防災用の深井戸を
12、 埼玉高速鉄道の運賃値下げと混雑緩和のための8両編成化を
(1) 埼玉高速鉄道の経営状況について
(2) 埼玉高速鉄道の沿線人口の動向について
(3) 混雑緩和のための8両編成化について
(4) 利用者増に向けて通勤定期券の引き下げを
13、 (仮称)東川口駅前行政センターについて
 (1)(仮称)東川口駅前行政センターに必要な施設について地域の要望を聞く場を
(2)戸塚支所、戸塚体育館の利活用について
 (3)安行・神根地区から東川口駅へのアクセス向上を
 (4)駐車場・駐輪場の整備について
(5)コスト削減の工夫を
14、 長期未整備となっている街路整備事業の抜本的見直しを
15、 土地開発公社の一日も早い解散を
16、 川口市役所新庁舎建設の現状と2期棟について
(1) 市役所新庁舎1期棟の建設費用の見通しについて
(2) 市役所新庁舎2期棟の建設コスト削減に向けて
17、 市立美術館構想について
(1) 美術館建設基本構想・基本計画審議会における議論の到達について
(2) 美術館建設基本構想について
(3) 美術館建設に関する市民からの丁寧な意見聴取の実施を
(4) 美術館の設置目的、コンセプト、場所、規模、予算、スケジュールについて
(5) 美術館建設のコストについて
posted by 木岡たかし at 00:42| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の県民投票の結果に触れ、この国の民主主義を思う

2月24日に実施された沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票で、埋め立てに「反対」の得票が40万票を上回り、投票総数の7割を超えたと報道されております。ちなみに最終投票率は、52.48%です。
もうひとつちなみに、川口市の前回2015年の市議会議員選挙の投票率は、37.45%。自戒を込めて投票率向上に引き続き全力を尽くします。

さて、この県民投票は沖縄だけの問題ではないと思います。日本の民主主義が問われていると考えてます。
国が決めたら、住民が何と言おうと、どんな意思表示をしようとも関係ないといったスタンスをとる安倍政権が自体が問われているとも考えてます。

沖縄の民意は明らかです。これまで衆議院選挙でも参議院選挙でも県知事選挙でも米軍基地への県民の民意は繰り返し表明されてきました。それでも民意に背を向け続ける安倍政権。そして、沖縄の他人事とどこか遠い問題と捉えているとすれば、沖縄以外に住む私たちの責任でもあると思います。

そもそも民主主義とは何でしょうか。単純な多数決では絶対にありません。議論を重ねて最後は多数決で決める原則があることは当然でありますが、多数の意見がそのまま通るだけが民主主義ではありません。意見の違いを尊重しあいながら、多様な意見を戦わせて議論をすることが大前提です。
 例えば、ABCDEの5つの意見があったとします。Aが多数意見であったとしても、その他のBCDEの意見にも耳を傾けて議論をして、より良いA´を作り上げる努力を図ることこそが民主主義です。そうすることで、少数意見の方も納得できますし、より良い多数意見が形成できるのです。
少数意見をどれだけ尊重・斟酌できているかが、その国の民主主義の成熟度を測るバロメーターであると思います。

国会も県議会も市議会も、多数の議席を取っている者が、少数の意見に耳を傾けもせずに、多数の意見だけを通す議会運営が目につきます。我が国の民主主義をもっと花開くものとするために、草の根からの民主主義を掲げる立憲民主党の一員として頑張ります。
posted by 木岡たかし at 00:30| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする