2011年02月07日

名古屋・愛知での選挙について思う

 昨日の名古屋市長選挙・愛知県知事選挙の結果は、ある程度予想できていたとしても衝撃的な結果だったと思います。あれだけの票差になるとは・・・。

 テレビや新聞では、既存政党への不信・不満が大きく渦巻いたとの趣旨の記事が目立ちました。そうした大きな流れが生まれつつあることは事実でしょう。またこの間の政治を見ていれば、既成政党に愛想をつかすことも当然だと思います。

 何も政党政治を否定するつもりはありませんが、今の政党の枠組みだけでは行き詰まりを打開できないのではないかと考えています。

 河村名古屋市長や橋下大阪府知事などが、市長派の市議候補を選挙に擁立することを見て、既成政党などが、地方政治の二元代表制がわかっていないと批判しています。
 確かに二元代表制からすれば、こうした動きは疑問を挟まざるを得ません。

 が、しかしです。

 現在の既成政党が多くを占める地方議会において、二元代表制は機能不全に陥っていると思います。市長を中心にする役所をしっかりとチェックしなければならないのに、市長派になってしまいチェックの役割を果たせない会派や、野党的スタンスばかりが目立つ会派など・・・。
 本来あるべき二元代表制からは、程遠いと感じています。

 ですから、各地の地域政党の動きを単純に批判する前に、行き詰まっている現在の地方政治を真剣に受け止める必要があると思います。

 こうした状況の中で、わたし木岡たかしが取り組むべきは、今までの枠組みにとらわれない市民の声に直結した市政の実現であると考えます。
 そのために、市民の声に耳をダンボにして邁進します!


posted by 木岡たかし at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

一票の平等は民主主義に欠かせません

 鳥取県民の1票と神奈川県民の1票の価値が、5倍も違うなんておかしいと言わざるを得ません。ちなみに鳥取県民の1票と私の住む埼玉県の1票の価値は、4倍の違いがあります。

 鳥取県民の1票と神奈川県民の5票が、そして埼玉県民の4票が同じ価値だということです。

 民主主義の実現には、誰もが平等に選挙権を持っていることが大前提です。どこで生まれたか?男性か女性か?お金持ちか否か?どんな違いがあっても選挙権は、ひとりに1票です。

 ところが、今夏に行われた参議院選挙では、1票の価値に最大5倍の格差が生じていました。その是非を争った裁判の高裁判決が、昨日、東京高裁で5件出されました。その内の1件は、「投票価値の著しい不平等が長期間継続した」「格差是正措置が講じられなかったことは、国会の裁量権の限界を超える」として憲法違反の判決を下しました。至極当然の判決だと思います。

 ほかの4件の判決は、「国会の裁量権の限界を超えたとも言えない」などとして合憲としましたが、「投票価値の平等の観点からは大きな不平等が存する状態」と指摘して、速やか格差解消を求めています。

 参議院では、選挙制度改革について各会派で長い間協議していますが、利害が対立してしまい、なかなか議論が進んでいません。もういい加減に議論を進めなければなりません。衆議院と選出方法が似てきてしまっているために、以前にもまして参院不要論なども出る状況を考えると、“良識の府”である参議院になるためにも、選挙制度の抜本的な改正が必要です。
posted by 木岡たかし at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ひどすぎる法務大臣発言は辞任に値すると思います。

 柳田法務大臣が14日、とんでもない発言をしました。私自身、国会議員の秘書として法務委員会を担当したてきたので、いっそう許せない思いでいます。
 広島市での国政報告会で、大阪地検特捜部の証拠改ざん隠ぺい事件などに言及して以下のような発言をしたそうです。

「法相はいい。二つ覚えておけばいい。」
「個別の事案については答えを差し控える」
「法と証拠に基づいて適切にやっている」
「これはいい文句だ。分からなかったらこれを言う」

と発言したそうです。

 およそ真面目に議論をしているとは思えない発言です。国会は議論をする場です。その国会で、議論することを放棄したような発言をするなら、大臣にとどまらず、国会議員でいる必要はないでしょう。

 大臣の答弁というのは、国民の代表である国会議員の質問に答えるものです。もしこれを真面目に答弁できないのであれば、国民に対して真面目に答えていないことにもなります。

 今日の本会議後に「官邸にお小言をいただきに行く」と言った時の柳田法務大臣の表情が笑い顔に見えたような・・・。

 もし軽口だったとしても許される範囲ではないと思います。 
posted by 木岡たかし at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。