2019年02月25日

沖縄の県民投票の結果に触れ、この国の民主主義を思う

2月24日に実施された沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票で、埋め立てに「反対」の得票が40万票を上回り、投票総数の7割を超えたと報道されております。ちなみに最終投票率は、52.48%です。
もうひとつちなみに、川口市の前回2015年の市議会議員選挙の投票率は、37.45%。自戒を込めて投票率向上に引き続き全力を尽くします。

さて、この県民投票は沖縄だけの問題ではないと思います。日本の民主主義が問われていると考えてます。
国が決めたら、住民が何と言おうと、どんな意思表示をしようとも関係ないといったスタンスをとる安倍政権が自体が問われているとも考えてます。

沖縄の民意は明らかです。これまで衆議院選挙でも参議院選挙でも県知事選挙でも米軍基地への県民の民意は繰り返し表明されてきました。それでも民意に背を向け続ける安倍政権。そして、沖縄の他人事とどこか遠い問題と捉えているとすれば、沖縄以外に住む私たちの責任でもあると思います。

そもそも民主主義とは何でしょうか。単純な多数決では絶対にありません。議論を重ねて最後は多数決で決める原則があることは当然でありますが、多数の意見がそのまま通るだけが民主主義ではありません。意見の違いを尊重しあいながら、多様な意見を戦わせて議論をすることが大前提です。
 例えば、ABCDEの5つの意見があったとします。Aが多数意見であったとしても、その他のBCDEの意見にも耳を傾けて議論をして、より良いA´を作り上げる努力を図ることこそが民主主義です。そうすることで、少数意見の方も納得できますし、より良い多数意見が形成できるのです。
少数意見をどれだけ尊重・斟酌できているかが、その国の民主主義の成熟度を測るバロメーターであると思います。

国会も県議会も市議会も、多数の議席を取っている者が、少数の意見に耳を傾けもせずに、多数の意見だけを通す議会運営が目につきます。我が国の民主主義をもっと花開くものとするために、草の根からの民主主義を掲げる立憲民主党の一員として頑張ります。
posted by 木岡たかし at 00:30| Comment(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。