2015年04月01日

木岡たかし 2期目の4年間の主な政策課題

4年前の2011年4月に行われた川口市議会議員選挙から今月で4年が経過します。
そこで、2011年4月に2期目の当選をさせていただいてからの4年間で、わたし木岡が取り組み実現してきた主な政策課題についてまとめてみました。
わたし木岡は、44人いる市会議員の一人ですから、政策課題を私一人で実現できる訳ではありません。
しかし、多くの市民の皆さんの声をバックに、同僚議員とともに取り組み実現をした政策課題です。中には、わたし木岡が特にこだわって取り組み、議会質問などで議論をリードしたと自負する政策課題も多く含まれています。

(ア) 空き家条例の制定
(イ) 議員年金の廃止(平成23年に市議会議員の年金は廃止となりました)
(ウ) 市役所新庁舎の床面積の適正化
(エ) 市役所新庁舎建設の総事業費に上限を設けさせ、経費削減に努める
(オ) 介護保険制度の健全な発展に向けて、地域包括支援センターの利用者紹介の実態調査を実現
(カ) 高齢者向けの緊急通報システムの利用要件を緩和の方向に!
(キ) 小中学校へのエアコン設置のキッカケとなった教室室温調査の実施
(ク) 小中学校へのエアコン設置(※平成27年度の夏までにに中学校全校、平成28年度の夏までに小学校全校に設置することが決まっております。)
(ケ) 子ども医療費の対象年齢の拡大(小学校6年生まで⇒中学校3年生まで)
(コ) 子ども医療費におけるペナルティ(所得制限・税等の完納要件)の廃止
(サ) 留守家庭児童保育室いわゆる学童の受け入れ年齢の拡大(小学校3年生まで⇒小学校6年生まで)
(シ) 保健センター(南町)でしか実施していなかった母親教室、両親教室を鳩ヶ谷庁舎でも実施するように!
(ス) 保健センター(南町)でしか実施していなかった離乳食講習会を、他の開催場所でも実施する方向に!
(セ) 武蔵野線高架下の水害対策。当該地域への貯留施設の埋設に向けて平成27年度に基本設計が実施され、早ければ平成29年度中に完成予定
(ソ) 原発事故に伴う放射性物質の線量調査個所の拡大
(タ) 水道水などから基準値を上回る放射性物質が検出された場合の給水箇所の拡大
(チ) 大災害発生時の保育所、幼稚園、小・中学校における子どもたちの保護者への引き渡しの徹底
(ツ) 保育所の保育料の多段階化の道筋をつける
(テ) 平成27年4月から始まる「赤ちゃんにっこり応援事業」における助産師による母乳指導の回数制限を撤廃する方向に!
(ト) 子どもたちの安全を守るため、小・中学校が把握した不審者情報の更なる共有化の促進
(ナ) 川口市子育て情報ポータルサイトの開設

などになります。他にも市民生活に密着した地域の課題なども取り組んできました。
posted by 木岡たかし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。