2013年07月17日

投票の棄権は、今のダメな政治に「白紙委任」することに・・・。

参議院選挙の投開票日まであと4日になりました。
改めて「選挙に行こう!」と言いたいと思います。
こうしたブログを見ていただいている方ですから、私がこんなことを言わなくとも、多くの方は選挙に行かれると思いますが、周りの方にも声をかけていただけたら良いなと思い書きます。

投票をしないことは、現在の政治に対して「白紙委任」することになると思います。
「今の政治で十分に満足している、現状が続くのが良いんだ!」「原発問題も、経済問題も、食の安全も、国民皆保険や介護保険制度も、国の借金問題も、消費税などの税制も、今の政治は万事うまくやっている」という方は、投票を棄権するという判断もあり得ると思います。

しかし、そうではない方は是非投票して欲しいと思います。今の政治に対して少しでも疑問を感じたり、言いたいことがあったり、改革の必要性を感じるのであれば、どうかその思いを素直に投票で表現してほしいと思うのです。

「託せる政党や候補者がいない」「よく分からない」「どうせ投票しても変わらない」こうした声によく接します。確かに、自分の思いとほとんど一致して、その思いを託せる政党や候補者はなかなか居ないかもしれません。また、今までの政治にことごとく裏切られてきたから、いい加減もう嫌だという方も多いと思います。
ですから、「投票することが正義だ!」なんて大上段に構えて言うつもりは毛頭ありません。

でもでもでも、是非お願いしたいのは、何か一つでも自分の重視する項目を決めて、その点で一番近い政党・候補者を探してほしいのです。

だって、政治に無関心になると、いま現在ひどい政治をしている連中が喜ぶだけで、私たち国民には良いことなんてないから。
さあ、一緒に選挙に参加しましょう!


posted by 木岡たかし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。