2013年03月09日

3月9日より、川口市としてPM2.5が国の暫定指針値を超える恐れがある場合に注意喚起することになります。

 ここのところ中国の深刻な大気汚染の影響で、特に問題視されている汚染物質のPM2.5についてのお知らせです。

 概要は、川口市内の測定局において、午前8時30分から午後5時までの時間帯で国の暫定指針値(1日平均濃度70μg/㎥)を超える恐れがある1時間値が85μg/㎥を1回でも超えた場合、防災無線や防災メールにより注意喚起を、今日(3月9日)より実施することになりました。また、1時間値が70μg/㎥(国の暫定指針値)以下となった場合にも防災無線・防災メールにより下回ったことをお知らせすることになります。
 ちなみに川口市の測定局は、県が設置している南平局と神根局の2か所になります。また、リアルタイムでの測定値は埼玉県のホームページなどからご覧になれます。

 埼玉県の環境部大気環境課によれば、
1日平均値が70μg/m3を超えるおそれがあると判断された場合に市民の皆さんにとってほしい対応 は、以下の通りです。

健康への影響を減らすため、以下の対応をお願いします。
  @ 不要不急の外出をできるだけ減らすこと。
  A 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らすこと。
  B 換気や窓の開閉を必要最小限にすること。
なお、特に呼吸器系や循環器系の疾患のある方、子供や高齢の方は影響を受けやすく、個人差も大きいと考えられるため、日頃から健康管理に努めることや、体調の変化に御注意いただくようお願いします。

そもそもPM2.5(微小粒子状物質)とは・・・?
環境省によれば、『大気中に漂う粒径2.5μm(1μm=0.001mm)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた粒径10μm以下の粒子である浮遊粒子状物質(SPM)よりも小さな粒子です。PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。』

中国からの黄砂や花粉も加わっているため、できる限り上記の対応を心掛けていただきたいと思います。仕事などで、なかなか思うように対応が取れない場合も多いと思いますが、何かしらの対応をすべきだと思います。私もできる限り気を付けなければ。
posted by 木岡たかし at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 川口市政一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック