2012年12月28日

時代遅れの川口市の教育局・教育委員会に憤慨!小中学校の普通教室にエアコンを!

12月市議会において、市内小中学校へのエアコン設置問題について取り上げました。わたし木岡は、これまでも教室にエアコンを設置すべきと議会で取り上げてきました。
12月市議会でも、子どもたちの教育環境の充実のために小中学校へのエアコン設置を求めました。

今年の夏も本当に暑い夏でした。市内の小中学校の教室内も相当な気温になっていたであろうことが容易に想像できます。真夏が過ぎたはずの9月の運動会の練習でも熱中症で倒れてしまう子が多くいるほど暑さが続いた夏であったと思います。
にもかかわらず本市では、教室へのエアコン設置をいまだに拒否し続けております。昔の小中学校にはエアコンなんてなかったことを引き合いにして、扇風機で十分とする意見もあるようですが、これほど温暖化している現代において、また、熱を溜め込むコンクリートに囲まれた本市の現状を考えれば、こうした見方は時代遅れであると言わざるを得ないと思います。昔のように水田が点在していたり、今ほど温暖化が進んでいない時代といくら比較しても意味がないと思います。
子どもたちがボーっとしてしまうほど暑い教室のままで、学力だけは『向上を!』と求められるのは酷というものじゃないでしょうか。

今回の私の質問で明らかになったことの一つは、教育局・教育委員会として子どもたちが勉強をしている小中学校の教室内の室温が何度になっているかを把握もせずに、エアコン不要との結論を出していることです。しかもその結論を出している教育委員会はエアコンの効いた会議室で行われている・・・。

私は、教室内の気温すら把握せずに判断するのは無責任だと追求し、来年度からのエアコン設置を重ねて求めました。同時に、少なくとも来年度は教室内の室温を測定するべきと迫ったところ、室温の測定については前向きな答弁を引き出せました。
今後とも全力で取り組んでいきます。


追伸
今回の質問前には、中学校に通う子を持つお母さんから、子どもが学校で汗が止まらないために、着替えを持って毎日通っているとの話も聞きました。これは1例ですが、そんな教育環境下で授業に集中できるのでしょうか。切実な課題だと思います。

もうひとつ
現在、本市では市役所庁舎の建て替え問題が議論されておりますが、総工費は最大で270億円と言われております。小中学校の全ての教室にエアコンを設置する費用の試算は約8億円と言われております。どちらが優先課題か一目瞭然であると思います。
子どもたちの教育環境を確保することを優先課題とする市政にしていかなければならないと決意しております。
posted by 木岡たかし at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育関連問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事を拝見いたしました。
今年も暑い時期が目前に迫っております。

以前より木岡さんのエアコン設置についての記事を拝見しております。

今年我が家の長男が小学校に入学いたしました。
創立50年になる学校ですが、増築に増築を重ねた結果、風が通り抜けにくい構造になっています。

1年生の校舎は校庭に面しており、風が少し吹くと、土埃が教室内に大量に舞い込みます。
また南に面しているため教室内の温度は高くなります。

このような中で子ども達はたった2台の扇風機だけで酷暑を乗り切らねばならないのです。

こんな環境でどうして勉学に集中できるでしょうか?
学力向上を求めるくせに、環境は整えない。
教育委員会の方々が真夏の学校の現状を把握するための視察も行わない。
情けなくなってきます。

調べて見るとエアコンをリースする場合、児童全体で全額負担するとすれば月々2000円ちょっと。
(リース代のみ設置費用含まず)
このくらいなら払っても良いから設置してほしいと言う声を私はたくさんのお母様方から聞きました。

教育委員会に夏の学校を視察して欲しいです。
また学校の室温調査を早急に進めて欲しいです。

私にできることはないのでしょうか?
Posted by 福田 at 2013年05月25日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック