2012年04月02日

税金2,000万円の使い道・・・

 ブログの更新がご無沙汰してしまい、大変申し訳ありませんでした。

 今日は、3月22日に行われた川口市の名誉市民の市葬について報告をしたいと思います。

 本市の名誉市民であった永瀬元市長が、本年2月11日に亡くなられたことを受けて、3月22日に市葬が行われました。市葬の実施について、私の所属する会派「川口みらい」は、哀悼の意を表すと同時に、議会には次のような態度で臨みました。

 川口市名誉市民条例の規定に基づいて選ばれた名誉市民が故人となられた時に川口市として弔意を表し市葬を行うことに異論はありません。しかし一方で、深刻な景気低迷により市民所得が落ち込み、市の財政が厳しさを増す中で、税金を多額に使うことには現に慎重な態度が求められます。

 ですから、私たち会派は市葬を行うことを決める議案には賛成をいたしましたが、市葬に2000万円もの予算を使う補正予算議案には賛成しませんでした。ちなみに、本議案について質問をしたのは、私たちの会派「川口みらい」だけでした。
(※川口みらいの3人と無所属の1名以外の自民・公明・民主・共産は2000万円の支出に賛成しました)

 私たちが賛成しなった理由は2点です。
 一点目は、財政が厳しく市民サービスを削っている時代に、たとえ名誉市民だとしても、一個人の葬儀に市民の血税を2000万円も使うことは、やはり問題がある。
 二点目は、会場設営委託費が約1200万円と多額であるにもかかわらず、競争原理の働かない1社随意契約で決められていること。

 2000万円という税金は決して小さな額ではありませんし、他の市民サービスの向上にこそ使われるお金だと考えております。だから賛成しませんでした。

 2000万円があったらもっと充実すべき事業はいくらでもあります。私が考える例を2つ。
 『既存建築物耐震診断・耐震改修補助事業』・・・平成24年度予算額1460万円
この制度は、地震災害に強い街づくりを促進するため、旧耐震基準に該当する昭和56年(1981年)5月31日以前に工事に着手し、建築された住宅等の耐震診断・耐震改修を行う場合、一定の補助金を出す制度です。
 木造住宅の密集エリアを多く抱える本市においては、既存建築物の耐震化は喫緊の課題ですから、こういった施策に予算を多く配分していくべきだと考えます。本年度の予算額が、1460万円では少なすぎます。

 もうひとつ、『住宅改修資金助成制度』・・・平成24年度予算額1200万円
 この制度は、市民の住環境向上のため住宅改修(リフォーム)資金の助成を実施しています。同時にこの制度は、市内建設関係業者の仕事おこしにもなっています。現に平成23年度は、1400万円の予算額で188件の助成が行われ、市内で4億円以上の改修工事が実施され、市内経済への波及効果は大きいと言えます。
 しかし、年度半ばの昨年11月には予算が底をついてしまい、耐震改修などの住宅改修を実施したい市民ニーズに応えきれていないのが実態です。こうした施策にこそ、優先的に予算を配分するべきです。

 1700億円を超える川口市の一般会計予算の中では、2000万円は小さな額かもしれませんが、ちゃんと見れば、決して小さな額ではないと重ねて強調したいと思います。

 最後に今回の補正予算議案に『賛成をしなかった』ことについて、正確に説明します。
 私は、市葬に2000万円の予算を計上する議案に賛成せずに、採決時に退席しました。なぜ反対ではなく退席か、会派内でも大いに議論になりました。
 議場でしっかりと反対表明をすべきとの意見もありましたし、故人に関わることなので、会派の意思を退席という形で表現し、議場では“大人な対応”をすべき、などなど・・・。

 議論を重ねた結果、今回の対応となりました。

posted by 木岡たかし at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 川口市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
支援・応援しております。


市役所へ行く用事がありまして出向きました。
何もしないで机に座っているだけの職員が多すぎます。

いつも使う安行支所でも感じることですが、パソコン導入のシステム化により、職員削減がなされる!という話は嘘だったのでしょうか?

3割ぐらい職員を削減しても市民に影響はない気がします。
井戸端会議でも常にそんな話題が出ます。

お若い木岡議員に期待します。
私の1票を活かしてください!!<(_ _)>
Posted by さかぐちみつえ at 2012年04月30日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック