2011年04月15日

老朽化した議会を変えたい!まずは“市議会の見える化”を!

 今の地方議会の多くは、議員同士が議論する場がほとんどなく、各党・各会派の勢力図もある程度固定化してしまい、“マンネリ化”してしまっていると痛感しています。

 市議会の大きな仕事のひとつは、税金の無駄遣いはないか?条例や行政サービスが真に市民のためになっているのか?などをチェックしていくことです。
 しかし現在は、しっかりとチェックしなければならないのに、市長派になってしまいチェックの役割を果たせていないと思われる会派や、野党的スタンスばかりが目立つ会派など、本来求められている役割を果たせていないと考えております。

 市長提案の議案であれば、審議する前から可決が見えてしまっているような議会では、求められているチェック機能を果たしているとは言えません。

 また、議論の場であるはずの市議会において質問をほとんどしない議員がいることも、“マンネリ化”の一つかもしれません。
 市民の声に耳をダンボにした上で、議論をして、市民にとって大切なことは何かを考えて結論を出せることが必要です。この当たり前のことができる議員が増えなければなりません。

 支援してもらっている組織の判断に従うだけの議員ばかりでは、この現状を打開できないと思います。

 これからは、市議会が市民にとってもっと身近になっていかなければならないと考えています。
 政治の現状を少しでも市民にとって身近でわかりやすくするためには、市民から“見える市議会”としていくことが必要不可欠です。

 議会を変えていくために、市議会の休日・ナイター開催や議会の全面的なインターネット中継、市会議員同士がお互いに議論する場の創設などにより、市議会の見える化をしなければなりません。

 いま、わたしが取り組むべきは、旧来の枠組みにとらわれない市民の声に直結した市会議員であることだと考えています。そのために、市民の声に耳をダンボにして頑張ります。
posted by 木岡たかし at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 議会改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張ってください。我々も頑張ります。
Posted by 伊田 at 2011年04月16日 06:25
おっしゃる通りと思います。
真摯に取り組む方、そうでない方。
我々には見えづらいのです。

市民が何を望んでいるのか注視し、汗をかいて頑張って下さい。

※「耳をダンボに」という表現。大好きです。
難しい用語や、横文字を多用する人間は信用できません。
誰を相手に話をするのか、わかり易くフリ仮名を振って話をしてくれる人が市民の代表であるべきです。
Posted by リョウ at 2011年04月16日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック