2011年02月03日

川口市総合防災訓練などについて審議がなされました。

 2日午前10時から公有財産活用・災害対策特別委員会が開かれ、以下の内容について審議がなされましたので、主な内容について報告します。

△高機能消防司令・情報システム事業について
 老朽化した消防本部の救急・消防指令システムを平成24年1月までに取り換える計画が報告されました。市民からの救急車の要請や119番に対応するためのシステムであり、非常に重要なシステムです。今度導入するシステムが円滑に導入されるように、また市民の命や財産を守るための有効なシステムとなるよう求め質疑をしました。

△平成23年度の川口市総合防災訓練について
 同訓練の概要が報告をされました。今回は、時の総理も訪れることの多い「9都県市合同防災訓練」の会場に川口市が指定された関係で、大がかりに取り組むこととなります。
 我が国は、最近だけでも新燃岳の噴火、北陸から東北にかけての大雪など自然災害が多い国です。また関東では、いつ大きな地震があってもおかしくない状況にあり、防災訓練の重要性は高まっていると思います。

 そうした中で行われる今度の訓練は、全市的に各町会などに動員要請がなされることとなります。日時は、9月1日に行われることが確認されました。

△市街地施設付き住宅の耐震補強の進捗状況について
 仲町市街地施設付き住宅の耐震補強工事については、一部補償契約の遅れから今年度中の事業完了とはならず、来年度も引き続き努力するとのことでした。
 また、芝北公民館などが入っている北園市街地施設付き住宅は現在工事中で、中に入っていた芝北保育所は近所の柳崎小学校の4教室に間借りしている状態です。当該工事が、3月10日に完了する予定となったため、3月中には元の場所で保育が再開できる見通しなったことなどが答弁されました。
 また、幸町市街地施設付き住宅の工事も3月中には完了することが報告されました。


posted by 木岡たかし at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 公有財産活用・災害対策特別委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「耐震化工事についての要望」

>△市街地施設付き住宅の耐震補強の進捗状況について
 仲町市街地施設付き住宅の耐震補強工事については、一部補償契約の遅れから今年度中の事業完了とはならず、来年度も引き続き努力するとのことでした。
 また、芝北公民館などが入っている北園市街地施設付き住宅は現在工事中で、中に入っていた芝北保育所は近所の柳崎小学校の4教室に間借りしている状態です。当該工事が、3月10日に完了する予定となったため、3月中には元の場所で保育が再開できる見通しなったことなどが答弁されました。
 また、幸町市街地施設付き住宅の工事も3月中には完了することが報告されました。


 過去の事例では、耐震化によって、建物としての利便性が損われてしまったという事もありましたので、例えどの様な建物であっても、耐震化工事では少なくとも、安全・安心・廉価だけでなく、利便性がきちんと満たされる様にすべきではないかと思います。


Posted by TM at 2011年02月04日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。