2011年01月11日

川口市・鳩ケ谷市の合併について川口市長が発言

 昨日の川口市「はたちのつどい」において、川口市長が新成人の質問に答える形で川口市・鳩ケ谷市の合併のゆくへについて発言していました。

 2月中旬から始まる川口市議会において、合併に向けた議決をしていきたいとの趣旨の発言でした。川口市と鳩ケ谷市の歴史的経緯や地理的条件などから合併が、両市にとって一つの選択肢であることはわかります。

 しかし合併の是非を問う前に大事なことは、合併によって市民にとってメリットがあるか否かということだと思います。そう考えると、鳩ケ谷市との合併にはメリットがあまりないと考えています。合併しなくても出来ることが多いからです。

 合併を全面否定するつもりはありませんが、両市にとって大きな問題ですから市民的合意のもとで進めるべきです。たとえば住民投票をして住民意思をしっかりと反映することが必要だと考えます。


posted by 木岡たかし at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合併問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。