2010年11月12日

議会基本条例を考える会と懇談

 本日、私の所属する無所属クラブとして、市民団体である「議会基本条例を考える会」と懇談を行いました。懇談は、同会が10月に議長宛に提出した「市議会に関する重要事項の要望」を中心に行われました。

 主な内容は、以下の通りです。
@川口市議会として議会報告会を開催してほしい
A市民から出される請願・陳情について、当事者である市民が議会で意見表明できる場を設けてほしい
B市議会の委員会において議員同士の自由討議を実施して活性化を図ってほしい
C議会だよりの作成やインターネット中継などを実施してほしい
D市議会のすべての会議を公開してほしい

 私たちの会派では、多くの項目で思いを共有できたと考えております。
 市民からの請願や陳情について、請願人である市民みずから議会内で意見陳述できるようにすることは至極当然であり、早く導入すべきです。

 また、委員会において議員間の自由討議を実施することも必要だと考えています。現に先月視察に行った北海道登別市などでは、すでに議員間の自由討議を始めていました。議員間の討議の良さは、今年、議員提案で成立した「川口市中小企業振興条例」を議員同士で練りあげる過程からも明らかです。私自身、この練り上げ作業に関わって、議員間で議論をすることでお互いの理解が進むことを実感しました。

 議会のインターネット中継については、このブログでも書きましたが、来年度からの導入に向けて議会改革小委員会において鋭意協議中です。会議の公開性を高めることは非常に大事なことですから、引き続き力を尽くしたいと考えております。

 議会運営委員会・議会改革小委員会の一員として、引き続き、市民の開かれた議会、市民目線の議会実現のために全力をあげたいと思います。皆さんの議会に対するご意見・ご要望をお待ちしております。ご一緒に議会改革にも取り組みましょう。
posted by 木岡たかし at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック