2010年10月28日

地方議員年金廃止へ一歩前進!

 すでに報道などでご存知の方もいらっしゃると思いますが、批判の多かった地方議員年金が廃止される見通しとなりました。私自身、議員年金を廃止すべきとしてきましたから、今回の変化を前向きに受け止めています。今後政府は、来年の通常国会において、地方議員年金の廃止法案を提出する方向だとのことです。

 そもそも地方議員年金は、その財源の46・5%を税金で賄っていることに最大の特徴があるといえます。その額は、平成21年度では年間約187億円にもなります。川口市だけでも議員年金のため、本年度に約4,900万円もの税金が支出されているのです。

 議員の掛け金を基本として制度が維持できるのであれば存続しても良いと思いますが、市民が納めた税金=公費に頼りきっているのが現状ですから、1日も早くやめなければなりません。
 
 議員にだけ用意される年金制度など必要ありません。いま政治に求められることは、持続可能で制度間の不平等を解消でき、安心して老後を迎えられる年金制度改革に取り組むことです。一足飛びにはできませんが、年金の一元化を視野に入れた議論をしていく必要があると考えています。

 皆さんのご意見、お聞かせ下さい。
posted by 木岡たかし at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 川口市の行財政改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック